弾丸アタック-日常がおかしい日常4コマ-

主に日常4コマを描いています

スポンサーリンク

躁鬱病の徒然『遠隔医療』

blog02



「遠隔医療」が充実すれば、「難病」「障害」があっても移住しやすくなる。

 


私がこっそりイケダハヤトさんにした質問です。
よく聞かれるって書いてありますが、そうでしょうね…。
心を病んでしまった人ってのは本当に東京で消耗しつくしてしまった人たちが大半でしょうから。

遠隔医療か…全然考えてなかった。その手があったかぁ。
Skypeカウンセリングは自分も注目してたけど、まぁ当分は鬱病とかまでで、生きているうちに躁鬱病統合失調症にも対応したらいいなぁ…。くらいに思ってました。
まぁ、カウンセリングだけならすぐに他の病気にも対応できるかも。
でも躁鬱や統合失調症だったら、結局は病院にじかに行かなきゃいけないのですよね。

先日もあまりに鬱がしんどくて、婚約者に代理受診頼んだので、申し訳ないなぁと。
ちょっとした診察なら本当にネットで良いと思います。
薬が変わることってそんなにないし…。
(代理受診は薬の変更ができない、2回連続はできないというデメリットがあります)
あと、本気で具合悪いと自力で病院行けないから!
精神的なものだけでなく、高熱とかひどい怪我とかそうでしょう?
…高熱や怪我なら救急車呼べますけどね;

自分は協力してくれる婚約者がいるからいいけど、そういう身内が全くいない人も多いから、どんどん進めて欲しい分野ですね。

回答してくれたイケダハヤトさんありがとうございます。