弾丸アタック-日常がおかしい日常4コマ-

主に日常4コマを描いています

スポンサーリンク

厄落とし(今年の悪夢ワースト5)

私は12年ほどひどい不眠症に悩まされています。

布団に入っても寝付くのに2~3時間はよくあることで、やっと寝付けてもひどい悪夢で目を覚まします。

治療は受けているのですが…なかなか安定しないですね。

というわけで今年見た悪夢ベスト5を発表します。
(後半にいくほどグロ表現がひどくなるので苦手な方は見ないでください。一応詳細表現はしないようにします)

ワースト5:「ここは京都ですか?大阪ですか?」

関西出身の友人と旅行に行く夢です。
関西のどこかよくわからないところに着き、そこにある大型百貨店を友人と見て回っていました。
だらだらウィンドウショッピングをしているうちに、新幹線の時間が迫ってきました。
そこで私ははっと
「あ!傘を銀行に忘れた!」
と思い出し、友人に
「なにしとんねん!はよ取りに行けや!」
と促され、慌てて銀行に行きました。

「すみません!傘の忘れ物ありませんでしたか?ピンクと黄色の傘です!」
と言うと、受付らしきお姉さんに
「手続きをするので少々お待ちください」
 と言われ、随分待つことになりました。

いつまでも「手続き」とやらが終わらないので、近くにいた別の銀行のお姉さんに
「すみません、傘の忘れ物して、手続きがとか言われたんですけど…まだですか?
急いでるんです。これから新幹線に乗って東京に帰らなきゃいけないんです。」
と言うと、お姉さんが
「ご旅行ですか?楽しかったですか?」
と返してきました。
「ええ…まぁ…というか…その…ここって大阪ですか?京都ですか?それもまだよくわからないんです。」
と私が答えると、お姉さんはニタァっと笑って

「さぁ…?どっちだと思います?」

ここで目が覚めました。

ワースト4: 「押し売りアパレルショップ」

突然、サン○オのケロケロケ○ッピと冒険している夢でした。
ある洞窟に行くと、門番らしき人に
「ここから先は通さない!通るつもりならそいつ(ケロケロケ○ッピ)の目玉えぐるぞ!」
と言われたので、「そんな可哀想なことはさせない!」と慌てて逃げました。 

とりあえず装備を整えてもう一度行こう、ということになりモノレールみたいな乗り物で、
千葉駅っぽいところにつきました。

装備を整えようと向かった先は普通のアパレルショップ。
店員が言葉巧みに色んな服をすすめてきます。

そうこうしているうちにショップの閉店時刻がせまってきました。 
私は何かに気づき、ケ○ッピや仲間に(他にもなんか途中でファンシーなサン○オ系統の仲間が増えてました) 
「急いで試着中の服を全部脱げ!」と言いました。

そう、このアパレルショップは閉店時間終了時刻に試着していたものは、強制的に購入させられるショップだったのです。

私たち以外の客は、みんな押し売りされた服を購入させられていました。

私は下着姿で呆然としながらアパレルショップのシャッターが閉まるのを眺めていました。

ワースト3:「女の子惨殺ダンジョン」

6人の女の子がいました。
それぞれギャルゲーのような感じで、「お嬢様タイプ」「秀才タイプ」「妹タイプ」などキャラクター設定がされていました。
その女の子たちの前には禍々しい洞窟が。
その洞窟の中には2人までしかはいれません。
 
私は6人の女の子の中から、2人選び、彼女らを洞窟の探索へ向かわせなければなりませんでした。
洞窟の中には魔物や罠がゴロゴロしています。

どの2人を選んだのかよく覚えてませんが、とりあえず体が丈夫そうな子を選び、洞窟にむかわせました。
入るなり、一人は魔物にかなり惨たらしい殺され方をされ、もう一人は罠で見るも無残な姿で息を引き取りました。

残った4人からまた2人選びました。

結果は同じです。

そして死んだ女の子は、ゲームみたいに何度も蘇ります。

私は無力な女の子が何度も惨たらしい殺され方をするのを何度も何度も見せられました。

何度目かでようやく目が覚め、「これほど早く目が覚めてほしい夢はそうそうないな…」と思いました。

ワースト2:「世界崩壊」

会社に行こうとしたら世界が崩壊してました。
空は灰色で、外には死体の山。
私はその中を普通に自転車に乗りながら駅に向かっていました。

駅に着いたのはいいんですが、なにせ死体だらけなので、自転車を停めるところがありません。
「このままでは遅刻してしまう…」
そう思って社長に電話したんですが、でません。(当たり前です)

仕方なく家に引き返し、なんとか停められるところに自転車を止め、とりえあえず家に帰ろうとしたんですが、
家に行くまでの階段も死体でみっちりです。 

死体が積み重なった階段を呆然と見つめていたところで目が覚めました。

ワースト1:「小児科」

ちょっとこの夢はあまりにグロイので詳細には書きません。

何の用事があったのかわかりませんが、小児科に行きました。
ギリギリの時刻だったらしく、私が最後の患者だったのですが、なかなか呼ばれません。

何をしているんだろうと、診察室を覗くとそこには…

上半身と下半身が引き裂かれた女の子…。

その下半身を弄ぶ(ぼかした表現です。一応)医者。

あまりのことに悲鳴も出ず、ショックで目が覚めました。

以上で2014年の悪夢ワースト5は終わりです。
スキャナが壊れて絵が上げられないので、なにか読み物を…と思って書いたんですが、あまり愉快なもんではないです。

個人的には 「ここは京都ですか?大阪ですか?」が世にも奇妙な物語っぽい世界観っぽくて好きですけどね。
いや、実際に夢を見てる時は怖かったですけど。

それでは今度こそ良いお年を!